大阪東京間の夜行バスとは

夜行バスには不思議な魅力があります。
やはり夜に出発するからかと思いますが、どこか知らない場所に到着するのではないかというちょっとした不安感を楽しむ事ができるのです。
もちろん、大阪東京間や東京仙台間等、行き先を決めてチケットを買っているため、変な場所に到着することなどありえないのですが、夜行バスに乗るたびに同じ感覚がやってくるのです。
大阪東京間の夜行バスの場合はサラリーマンの利用と、東京のテーマパークへ行った帰りの家族利用等が多いようです。
つまり、バスの乗客はこれから行く人と帰る人が混在しているのです。
スキーバス等は全員が同じ目的のためにバスに乗っているのですが、大阪東京間のバスはさまざまな目的の人が偶然乗り合わせるのです。
それがいっそう不思議な感覚を呼び起こすのかも知れません。
また高速道路のオレンジ色の街路灯もまるで宇宙へ発進する宇宙船を思いだ出せるのです。
そんなことを思いながら毎回バスに乗っているのです。