海外赴任:税金、年金の手続きとは

日本から出て海外で生活することになる場合があります。
この場合、それまで日本で当たり前に行っていた事が出来なくなると思います。
どういった手続きが必要かを考えなければいけませんよ。
そのひとつで、税金、年金の支払いがありますよね。
税金を納めると言う、社会人が当たり前に行っている行為でも、日本国内だからこそ、そのシステムに則って行えます。
家族全員で海外に出ると、その為の準備を行う必要がありますよね。
海外赴任をする時の納税手続きについては、基本的に「一年未満」の赴任、「一年以上」の赴任になります。
<一年未満の場合> 給与が国内で支払われるか、国外になるかで変わります。
国内の場合は国内勤務者と同様です。
それに対して、<一年以上の海外赴任の場合> 出国までに国内で得た給与分と、出国後に海外勤務先で得た給与分、海外赴任後に得た国内源泉所得により、それぞれ手続きが変わってきます。
それで確定申告を行います。
その一方で、年金については、厚生年金、国民年金、共済年金のいずれも、海外勤務後も引き続き支払いを行うことになります。
※ただし、厚生年金の適用が行われていない現地法人などに勤務する時は、新たに国民年金に加入する必要があります。
尚、保険料は国民年金協会の口座に振り込むか、日本の加入者名義の口座に送金するかのどちらかで対応することが可能となります。
共済と生命保険の違いとは?金額と補償額は?【JA・コープ・国民共済】